学類長挨拶|理工学域 物質化学類 [金沢大学]
学域紹介数物科学類物質化学類機械工学類電子情報学類環境デザイン学類自然システム学類
ホーム >物質化学類 > 学類紹介 > 学類長挨拶

学類長挨拶

物質化学類への招待


「化学は自然科学のセントラルサイエンス(Central Science)であると同時に,現代社会のキーテクノロジー(Key Technology)です」

物質化学類長 井村久則教授



  化学は世の中のあらゆる物質を対象としており,天然・人工物を問わず,生命や環境をつかさどる物質に至るまで,物質を構成する原子・分子の電子の働きによって,その合成,構造,性質,反応を学ぶ幅広い学問です。また,化学は有用な物質の創成とその機能化によって,エネルギー問題などを解決して持続・発展可能な社会を実現する上で,なくてはならない学問です。

  物質化学類では,このような幅広い化学を学んでもらうために,物質の性質・構造・反応を原子・分子レベルで解明するための基本原理の探求と未来の科学を支える研究能力の育成を教育理念とする「化学コース」と,原子・分子の世界に根ざした“エコ化学によるものづくり”で環境に調和した高度工業社会を支える教育を理念とする「応用化学コース」の二つのコースを持っています。これは他大学にはない特長で,学生の皆さんは,物質化学類に入学後に自分に合ったコースを選ぶことができます。いずれのコースでも,専門の化学に関する様々な資格取得が可能で,卒業生は全国の化学関連企業で研究者や技術者として,また,公務員や中学・高校教員,大学教職員として活躍しています。

  このように本学類では,物質の“挙動”をとおして自然界の法則を学び,環境と調和のとれた持続的社会を実現することを目指して教育研究に取り組んでおり,チャレンジ精神にあふれた若人を待っています。

ページのトップへ