研究紹介|理工学域 物質化学類 [金沢大学]

研究紹介

化学コース

基本原理の探求に挑戦

優れた研究者を養成するとともに,広範な自然科学の素養をもち,社会の様々な分野でのリーダーとして活躍できる人材の育成を目指しています。特に,物質の性質⋅構造⋅反応など原子⋅分子レベルで解明するための基本原理の探究に挑戦する意欲のある人材の育成を目標にします。

[研究概要]

化学コースでは、物質の化学的性質⋅構造⋅反応などに関する最も基礎的な原理を解明することを目標にして次に3つのグループに分かれて研究しています。
1 新しい機能をもった物質を創造する。“物質設計”
  無機化学⋅理論化学⋅錯体化学⋅電気化学
2 効率的な有機合成反応と生体分子の機能を解明する。“物質機能”
  有機化学,生物化学
3 分析理論の創造と自然界の元素循環の機能を解明する。“物質動態”
  分析化学,放射化学

 

応用化学コース

エコ化学でモノヅクリを実践する

原子・分子の世界に根ざした“エコ化学によるものづくり”を教育・研究の基本理念に据え,現在の成熟した高度工業社会を今後も地球規模で持続・発展させることを目指す。この理念の下で行う教育・研究を通して,化学的スキル・思考力と工学的センスを持った応用化学を専門とする研究者・技術者を育成する。

[研究概要]

応用化学コースでは,物質の性質や構造および変化の仕方を原子・分子レベルで調べることにより,その本質を究めて応用する化学技術を創造する研究を行っています。
1 天然及び合成物質の物性や構造、動態を解明する。“物質解析”
  溶液物性化学,分析・環境化学
2 有用な有機化合物や機能性高分子を創製する。“物質反応”
  設計有機化学、精密有機合成化学
3 高分子を構成する物質の特性と機能発現を解明する。“材料創成”
  高分子材料化学
4 高度な機能を有する物質を創製・解析する。“機能開発”
  機能開発化学、機能材料化学、分子機能解析化学

 

ページのトップへ