学域紹介数物科学類物質化学類機械工学類電子情報学類環境デザイン学類自然システム学類
ホーム > 物質化学類 > 応用化学コース > コース紹介 > 応用化学コースとは

応用化学コースとは

 私たちの身の回りには多種多様の物質が存在し、さまざまな化学現象が常に起こっています。物質化学とは、これらの物質の性質および化学現象を原子・分子レベルで解明・理解するとともに、新しい物質の創製や未知なる機能の発見を通して人類社会が自然環境との共生を保ちつつ発展するのに貢献する学問分野です。
 物質化学類には、化学コースと応用化学コースが設けられています。中でも応用化学コースは、1920年に金沢工業学校が文部省直轄官制緒学校として創設されると同時に応用化学科として設置されて以来、80年以上の歴史の中で、常に最先端の研究を推進し、想像性豊かな化学系技術者を輩出してきました。
 応用化学コースでは、新世紀における社会の要請に応えるべく、人類の繁栄と発展を支える先端技術の開発研究(例えば太陽電池、不斉合成、次世代ディスプレイなど)を展開しています。また、次代を担う研究者・技術者の育成を目指し、その指導・教育に努力しています。

 各コースへの所属は2年進級時に本人の希望、学業成績等を考慮のうえ決定します。

ページのトップへ