学会発表等

2017年度

  • 16族元素導入による近赤外フタロシアニンの合成および物性評価
    岩本敬之、前多 肇千木昌人古山渓行
    第43回反応と合成の進歩シンポジウム、2017年11月6-7日、富山県富山市(ポスター発表)
  • セレノアルデヒドの環化付加反応を利用したセレノ糖およびセレノヌクレオシド誘導体の合成
    千木昌人
    大阪大学蛋白質研究所セミナーーカルコゲン, ヘテロ元素を含む生体分子の化学ー、2017年11月1日、大阪府吹田市(依頼講演)
  • セレノアルデヒドの環化付加反応を利用した側鎖に窒素官能基を有するセレノ糖誘導体の合成
    田中慎太郎、古山渓行前多 肇千木昌人
    第47回複素環化学討論会、2017年10月26-28日、高知県高知市(ポスター発表)
  • 環拡張反応を利用したインジゴ誘導体の合成と物性評価
    田村大地、前多 肇千木昌人古山渓行
    第7回CSJ化学フェスタ、2017年10月17-19日、東京都江戸川区(ポスター発表)
  • 19, 20πポルフィリノイド骨格の合成と還元特性
    柳澤崚、前多 肇千木昌人古山渓行
    第7回CSJ化学フェスタ、2017年10月17-19日、東京都江戸川区(ポスター発表)
  • Optical Properties of Near-IR Absorbing Phthalocyanine Sensitizers
    Takayuki Iwamoto, Mashiro Hata, Maria Sugimori, Daichi Tamura, Ryo Yanagisawa, and Taniyuki Furuyama
    3rd International Symposium on Center of Excellence for Innovative Material Sciences Based on Supramolecules, October. 16th-17th, 2017, Kanazawa, Japan (Poster)
  • オリゴエチレングリコール鎖で架橋した(1,6)ピレノファン類の合成と蛍光特性
    斉藤元暉、古山渓行千木昌人前多 肇
    平成29年度有機合成化学北陸セミナー、2017年10月6-7日、福井県あわら市(口頭発表)
  • 固体発光特性を持つシアノ化合物の合成と蒸気応答性
    篠崎潤一、前多 肇千木昌人古山渓行
    平成29年度有機合成化学北陸セミナー、2017年10月6-7日、福井県あわら市(ポスター発表)
  • 光安定性に優れた電子受容性フタロシアニンの合成
    宮路悠輔、前多 肇千木昌人古山渓行
    平成29年度有機合成化学北陸セミナー、2017年10月6-7日、福井県あわら市(ポスター発表)
  • オリゴエチレングリコール鎖で架橋した(1,6)ピレノファン類の合成と蛍光特性
    斉藤元暉、古山渓行千木昌人前多 肇
    第34回有機合成化学セミナー、2017年9月12-14日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • 鉛を利用した電子受容性フタロシアニンの多様的合成
    宮路悠輔、前多 肇千木昌人古山渓行
    第34回有機合成化学セミナー、2017年9月12-14日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • 3-(ピレン-1-イル)アクリル酸エステルの分子内および分子間光二量化反応
    瀬川健太、古山渓行千木昌人前多 肇
    第28回基礎有機化学討論会、2017年9月7-9日、福岡県福岡市(口頭発表)
  • 弱い刺激に応答するジシアノ化合物の合成と物性評価
    篠崎潤一、前多 肇千木昌人古山渓行
    第28回基礎有機化学討論会、2017年9月7-9日、福岡県福岡市(ポスター発表)
  • ナフタレン環の1,8a位へのアルケンの分子内光環化付加反応の開発
    工保優太、中嶋亮太、水野一彦、古山渓行千木昌人前多 肇
    第28回基礎有機化学討論会、2017年9月7-9日、福岡県福岡市(ポスター発表)
  • アザポルフィリンを活用する近赤外光材料の開発
    古山渓行
    第38回光化学若手の会、2017年6月16-18日、福岡県福岡市(依頼講演)
  • シリルエチニル基を有する対称および非対称フェナントレン誘導体の吸収と蛍光
    飯井滉也、古山渓行千木昌人前多 肇
    第38回光化学若手の会、2017年6月16-18日、福岡県福岡市(ポスター発表)
  • 機能性近赤外フタロシアニンの合成及び物性評価
    岩本敬之、前多 肇千木昌人古山渓行
    第38回光化学若手の会、2017年6月16-18日、福岡県福岡市(ポスター発表)

2016年度

  • 機能性π共役化合物の設計・合成と近赤外光利活用への挑戦
    古山渓行
    日本薬学会第137年会、2017年3月24-27日、宮城県仙台市(受賞講演)
  • インジゴの環拡張反応を用いた機能性色素の開発
    田村大地、前多 肇千木昌人古山渓行
    日本薬学会第137年会、2017年3月24-27日、宮城県仙台市(ポスター発表)
  • 反芳香族性環拡張フタロシアニン骨格の還元特性
    柳澤 崚、前多 肇千木昌人古山渓行
    日本薬学会第137年会、2017年3月24-27日、宮城県仙台市(ポスター発表)
  • オリゴエチレングリコール鎖で架橋した(1,6)ピレノファン類の合成と蛍光特性
    斉藤元暉、古山渓行千木昌人前多 肇
    日本化学会第97春季年会、2017年3月16-19日、神奈川県横浜市(口頭発表)
  • 固体発光特性を持つジシアノエチレン誘導体の合成と物性評価
    篠崎潤一、前多 肇千木昌人古山渓行
    日本化学会第97春季年会、2017年3月16-19日、神奈川県横浜市(口頭発表)
  • 1-ビニルピレン類の分子内光二量化反応
    瀬川健太、古山渓行千木昌人前多 肇
    日本化学会第97春季年会、2017年3月16-19日、神奈川県横浜市(口頭発表)
  • メチレン鎖で架橋した(2,7)ピレノファンの合成と蛍光特性
    二重作亮太、古山渓行千木昌人前多 肇
    日本化学会第97春季年会、2017年3月16-19日、神奈川県横浜市(口頭発表)
  • セレノカルボニル基が置換した窒素イリドとヘテロ求核剤及びアルキンとの反応
    松野美里、古山渓行前多 肇千木昌人
    日本化学会第97春季年会、2017年3月16-19日、神奈川県横浜市(口頭発表)
  • 鉛を利用した電子求引基を持つフタロシアニンフリーベース体の合成
    宮路悠輔、前多 肇千木昌人古山渓行
    日本化学会第97春季年会、2017年3月16-19日、神奈川県横浜市(口頭発表)
  • セレノアルデヒドの Hetero Diels-Alder 反応を利用したセレノ糖誘導体の合成
    里見大地、古山渓行前多 肇千木昌人
    第43回有機典型元素化学討論会、2016年12月8-10日、宮城県仙台市(口頭発表)
  • ホモプロパルギルセレニドの CuBr 触媒カップリング反応を利用したビニルアレン類の合成
    増田 暁、古山渓行前多 肇千木昌人
    第43回有機典型元素化学討論会、2016年12月8-10日、宮城県仙台市(ポスター発表)
  • メカノクロミズム特性を持つジシアノエチレン誘導体の開発と応用
    篠崎潤一、前多 肇千木昌人古山渓行
    第6回CSJ化学フェスタ2016、2016年11月14-16日、東京都江戸川区(ポスター発表)
  • 鉛の特性を活用した電子受容性フタロシアニンの系統的合成
    宮路悠輔、前多 肇千木昌人古山渓行
    第6回CSJ化学フェスタ2016、2016年11月14-16日、東京都江戸川区(ポスター発表)
  • リン-カルコゲン結合を有するキラル二座配位子の合成
    小山健司、古山渓行前多 肇千木昌人
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(口頭発表)
  • セレノアルデヒドの[4+2]環化付加反応を利用した6員環セレノ糖類の合成
    里見大地、古山渓行前多 肇千木昌人
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • ナフチロキシメチルナフタレン類のクライゼン型転位反応
    中村瑳希、古山渓行千木昌人前多 肇
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • ケイ素官能基を有するスチルベン誘導体の構造と発光特性
    堀越 諒、古山渓行千木昌人、山路 稔、前多 肇
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • (1,6)ピレノファン類の合成、構造、および蛍光特性
    斉藤元暉、古山渓行千木昌人前多 肇
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(ポスター発表)
    ポスター賞受賞
  • 1-ビニルピレン類の分子内光二量化反応
    瀬川健太、古山渓行千木昌人前多 肇
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • 固体発光特性を持つジシアノエチレン誘導体の合成と応用
    篠崎潤一、前多 肇千木昌人古山渓行
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • (2,7)ピレノファンの合成と蛍光特性
    二重作亮太、古山渓行千木昌人前多 肇
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • ホモプロパルギルセレニドの銅触媒カップリング反応を利用したビニルアレン類の合成
    増田 暁、古山渓行前多 肇千木昌人
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • セレノカルボニル基が置換したピリジニウムイリドを用いた含セレン複素環化合物の合成
    松野美里、古山渓行前多 肇千木昌人
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • 鉛を利用した電子受容性フタロシアニン合成法の開発
    宮路悠輔、前多 肇千木昌人古山渓行
    平成28年度有機合成化学北陸セミナー、2016年10月7-8日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • オキサザホスホリジンを利用したP=SまたはP=Se基を含むキラル二座配位子の合成
    小山健司、古山渓行前多 肇千木昌人
    第46回複素環化学討論会、2016年9月26-28日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • セレノカルボニル基が置換したピリジニウムイリドを用いた含セレン複素環化合物の合成
    松野美里、古山渓行前多 肇千木昌人
    第46回複素環化学討論会、2016年9月26-28日、石川県金沢市(ポスター発表)
  • ケイ素官能基を有するスチルベン誘導体の構造、光反応、および発光特性
    堀越 諒、前多 肇、山路 稔、古山渓行千木昌人
    第27回基礎有機化学討論会、2016年9月1-3日、広島県広島市(口頭発表)
  • ナフチロキシメチルナフタレン類のクライゼン転位反応
    中村瑳希、前多 肇古山渓行千木昌人
    第27回基礎有機化学討論会、2016年9月1-3日、広島県広島市(ポスター発表)
  • (1,6)ピレノファン類の合成、構造、および蛍光特性
    斉藤元暉、前多 肇古山渓行千木昌人
    第27回基礎有機化学討論会、2016年9月1-3日、広島県広島市(ポスター発表)
  • 1-ビニルピレン類の分子内光二量化反応
    瀬川健太、前多 肇古山渓行千木昌人
    第27回基礎有機化学討論会、2016年9月1-3日、広島県広島市(ポスター発表)
  • 元素特性を活用したアザポルフィリン光材料の開発
    古山渓行
    第5回化学フロンティア研究会、2016年7月30-31日、高知県高知市(依頼講演)
  • An Air-stable 19π Azaporphyrinoid Radical
    Taniyuki Furuyama, Takuya Yoshida, Wen Zhou, Daniel B. Leznoff, Nagao Kobayashi
    9th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines, July. 3rd-8th, 2016, Nanjing, China (Invited Oral)
  • 異常π電子価化合物の設計・機能
    古山渓行、吉田拓矢、佐藤岳仁、小林長夫
    第14回次世代を担う有機化学シンポジウム、2016年5月27-28日、東京都渋谷区(口頭発表)
  • Chalcogenide-Substituted Phthalocyanines: The Most Distorted Phthalocyanines
    Taniyuki Furuyama, Koh Satoh, Nagao Kobayashi
    13th International Conference on the Chemistry of Selenium and Tellurium, May. 23rd-27th, 2016, Gifu, Japan (Oral)
  • Novel Synthetic Approach to 4'-Selenonucleoside Derivatives via Cycloaddition of Selenoaldehydes Followed by Stereospecific Ring Contraction
    Makoto Torihata, Youhei Yasuda, Taniyuki Furuyama, Hajime Maeda, Masahito Segi
    13th International Conference on the Chemistry of Selenium and Tellurium, May. 23rd-27th, 2016, Gifu, Japan (Poster)
  • Synthesis, Fluorescence, and Photoreactions of Stilbene Derivatives Containing Silyl Groups
    Hajime Maeda, Ryo Horikoshi, Taniyuki Furuyama, Masahito Segi
    26th IUPAC International Symposium on Photochemistry, April. 3rd-8th, 2016, Osaka, Japan (Poster)

連絡先

〒920-1192 金沢市角間町
金沢大学 理工研究域 物質化学系 応用化学コース
金沢大学自然科学1号館Bブロック5階
segi@/se.kanazawa-u.ac.jp(千木昌人)
maeda-h@/se.kanazawa-u.ac.jp(前多 肇)
tfuruyama@/se.kanazawa-u.ac.jp(古山渓行、HP管理)
(メールアドレスは@の後ろの/を削除してください)

Page Top