Event 2016

<< Top Pagegao_fen_zi_he_cheng_yan_jiu_shi.htmlgao_fen_zi_he_cheng_yan_jiu_shi.htmlshapeimage_1_link_0

04. 20-04. 22

Molecular Chirality Asia 2016」

大阪大学にて、Molecular Chirality Asia 2016が開催され、 M2の和田が参加し、ポスター賞を受賞しました。

05. 25-05. 27

「第65回高分子学会年次大会」

神戸国際展示場・会議場にて、第65回高分子学会年次大会が開催され、M2和田、M1粟田、佐々木、宮崎、吉田が参加しました。

04. 25

2016 国際科学技術財団 研究助成」

覺知特任助教が国際科学技術財団より研究助成が贈呈されました。

研究題目「イソシアニドの特異的な反応性に着目したアミノ酸類の定序性ペプチド様ポリマーへの化学変換」

井改准教授がPolymer  Journal論文賞を受賞しました。

論文題目「Synthesis of Polyisocyanides Bearing Oligothiophene Pendants: Higher-order Structural Control through Pendant Framework Design」

同時に高分子研究奨励賞を受賞しました。

研究題目「らせん高分子の高次構造制御を基軸としたキラルマテリアルの創製」

09.14-09.16

「第65回高分子討論会」

神奈川大学横浜キャンパスにて、第65回高分子討論会が開催され、PD広瀬、M2坂井、栗原、M1粟田、佐々木、水上、宮崎が参加しました。

<< 2013 年度event_2013.htmlevent_2013.htmlshapeimage_2_link_0
<< 2014 年度event_2014.htmlevent_2014.htmlshapeimage_3_link_0
<< 2012 年度event_2012.htmlevent_2012.htmlshapeimage_4_link_0
<< 2011 年度event_2011.htmlevent_2011.htmlshapeimage_5_link_0
<< 2010 年度event_2010.htmlevent_2010.htmlshapeimage_6_link_0
<< 2009 年度event_2009.htmlevent_2009.htmlshapeimage_7_link_0
<< 2008 年度event_2008.htmlevent_2008.htmlshapeimage_8_link_0
<< 2007 年度event_2007.htmlevent_2007.htmlshapeimage_9_link_0
<< 2015 年度event_2015.htmlevent_2015.htmlshapeimage_10_link_0

09.29-09.30

2016年度講座旅行」

毎年恒例の講座旅行では、福井に行ってきました。

1日目は加賀でぶどう狩りをしました。とってもおいしくてたくさん食べました。特に巨峰がおいしかったです。

その後宿に移動しました。あわら温泉ぐらばあ亭にお邪魔し、夜はB4の出し物で楽しく宴会をしました。

2日目は東尋坊にいきました。天気もよく気持ちよかったです。

お昼はヨーロッパ軒にいき、ソースカツ丼を食べ、各自帰宅しました。

07.24-07.27

The 28th International Symposium on Chiral Discrmination 』

ドイツにて、The 28th International Symposium on Chiral Discrmination が開催され、M2和田、M1宮崎が参加しました。

09.26-07.28

「第46回複素環化学討論会』

金沢歌劇座にて、 第46回複素環化学討論会が開催され、M2伊藤が参加しました。

10.26-10.27

「超分子による革新的マテリアル開発の拠点形成 第2回国際シンポジウム」

金沢市文教会館にて超分子による革新的マテリアル開発の拠点形成 第2回国際シンポジウムプロジェクトが開催されました。二日間にわたり、多くの方々、今年ノーベル化学賞を受賞されたソバージュ先生の講演を聞くことができ、貴重な2日間となりました。また初日にはポスター発表もあり、多くのM1、M2が参加しました。M2 YUN, M1宮崎が優秀ポスター賞を受賞しました。

04. 06

「新4年生配属」

4月6日付けで磯部、下井、松川、南、森、森川、吉田(琢)の7名の研究室配属が決まりました。

04. 12

「新4年生歓迎会」

皆のスケジュールが合わなかったため、毎年恒例のお花見はできませんでしたが、夜に木倉町の談楽にて新4年生の歓迎会を行いました。新4年生は研究生活に対する熱い豊富を語ってもらい、先輩たちとも打ち解けていきました。これからの活躍に期待します。

<< Top Pagegao_fen_zi_he_cheng_yan_jiu_shi.htmlgao_fen_zi_he_cheng_yan_jiu_shi.htmlshapeimage_12_link_0

11.11

「平成28年度北陸地区高分子若手研究会」

福井県にあるセンチュリオンホテルにて 平成28年度北陸地区高分子若手研究会が開催されました。井改先生が招待講演をされました。ポスター発表ではM2和田、M1粟田、大久保、伊藤、水上、吉田、宮崎、B4磯部、下井、松川、南、森、森川、吉田が参加しました。M1粟田、大久保が優秀ポスター賞を受賞しました。B4とっては初めてのポスター発表で、いい経験となりました。

11.12

「第65回高分子学会北陸支部研究発表会」

福井大学文京キャンパスにて 第65回高分子学会北陸支部研究発表会が開催されました。M2小島、YUN、和田、M1宮崎が参加しました。M1宮崎が優秀研究賞を受賞しました。

2017 02.上旬
「トビタテ!留学ジャパン、DC1採用」

B4 磯部、森がトビタテ!留学ジャパンの奨学生として採用されました。

本年9月から3ヶ月間に磯部がUniversidade de Santiago de Compostela (spain) のF. Freire 研究室、森がCarnegie Mellon University (USA)の H. J. Kim 研究室へトビタツこととなりました。


M2和田がDC1採用決定。昨年度、石立の採用に続き2年連続であり、前田研究室から3人目になります。

2017.02.14-15

「平成27年度修士論文発表会」

 二日間に亘って研究室のM2学生9名が修士論文発表会に臨みました。

発表題目

伊藤僚:イミダゾリウム塩を利用したセルロース誘導体の材料展開

栗原佑記:イオン対形成を利用したらせん状ポリ(ジフェニルアセチレン)誘導体の動的特性の制御

小島豊:側鎖にピレニル基を導入したセルロース誘導体の合成とその蛍光特性

坂井友貴:光学活性ポリ(ジフェニルアセチレン)誘導体の外部刺激によるコンホメーション制御とその応用

清水祥:グルコース連結型ビフェニルユニットを含有する新規π共役高分子の合成と円偏光発光特性

鈴木大介:蛍光キラルセンサーへの応用を指向したチオフェン系π共役ユニットを側鎖に有するセルロース誘導体の合成

山中健太郎:らせん状ポリ(ジフェニルアセチレン)誘導体との高分子反応を利用したアミンの比色キラル識別

尹:蛍光キラルセンサーへの応用を指向したターチオフェンユニットを含有するアミロース及びβ–シクロデキストリン誘導体の開発

和田侑也:アミノ酸から誘導されるイソシアニドモノマーの共重合を基軸としたらせんポリマーの合成

2017.03.13

Swager先生、Shen先生のご講演」

Massachusetts Institute of TechnologyのT. Swager先生、およびHarbin Engineering UniversityのJ. Shen先生が本学へ来校し、講演を行っていただきました。

2017.03.07

「平成27年度卒業論文発表会」

研究室のB4学生7名が卒業論文発表会に臨み、ショートプレゼンとポスター発表を行いました。

発表題目

磯部朝日:アキラルな金属イオンの添加により光学分割能をスイッチング可能なキラル固定相の開発

下井将輝:多成分連結反応を利用したアミノ酸誘導体の配列制御重合

松川春香:らせん状ポリ(ジフェニルアセチレン)誘導体を配位子とするキラルな二核ロジウム錯体の合成と不斉触媒への応用

南聖怜奈:液晶性オリゴアニリンの合成と機能開拓

森太郎:光学活性基を側鎖に導入に有するポリ(ビフェニルイルアセチレン)誘導体の合成と光学分割材料への応用

森川真衣:ポリ(ビフェニルイルアセチレン)誘導体を用いた光学活性キラルアミン塩の高感度キラリティーセンシング

吉田琢海:らせん高分子を表面修飾した高分子ブラシの開発と無機結晶薄膜へのキラリティー転写

<< 2017 年度event_2017.htmlevent_2017.htmlshapeimage_15_link_0

2017.03.22

「卒業コンパ」

 卒業証書の授与後、卒業コンパが片町“カフェアルコ”にて行われました。

M2のみなさん、お疲れ様でした。社会でのご活躍を期待しています。

2017.03.22

M2和田が平成28年度学長賞受賞」

M2和田がその研究が讃えられ平成28年度学長賞および自然科学研究科長賞をW受賞しました。自然科学研究科長賞については昨年度に続き2年連続となります。

2017.03.31

「加納先生ご退官」

加納先生が定年のためご退官されました。なお退官パーティーは7月中旬ごろを予定しています。