学生生活

 

学生メッセージ

若曽根 志保(現 工学部物質化学工学科)

 高校から化学が大好きで,将来社会の役に立つ製品を開発できたらとの想いでこの学科を選びました。自分の想像を超えた広く深い化学の世界に触れるうちに,高校で不思議に思ったことが解決できたこともあります。二年生後半以降は化学にどっぷりつかった毎日ですが,学んだ知識を自分たちで生かして,世の中の様々なものとのつながりを議論したり,実験を行ったりする課題探求の実験もあり,化学がますます面白くなりなした。

葛葉 光洋(現 工学部物質化学工学科)

 高専で学んできた化学をより深く理解し,将来的には研究開発の仕事に就きたいという希望から3年次に編入学しました。大学の講義では,暗記に頼らない化学の「考え方」をしっかり学ぶことが出来ます。暗記した内容は時間が経てば忘れてしまいますが,納得して身につけた考え方は忘れませんし,様々な場面での応用が効きます。また新しい環境,新しい仲間との出会いから得られるものは多く,毎日が充実しています。

ページのトップへ