在学生・卒業生のメッセージ|理工学域 物質化学類 [金沢大学]
学域紹介数物科学類物質化学類機械工学類電子情報学類環境デザイン学類自然システム学類
ホーム >物質化学類 > 在学生・卒業生のメッセージ

在学生・卒業生のメッセージ

 

 本学では一般選抜(前期・後期)のみならず,編入学試験などの入学試験を実施しております。化学に興味を持つ方,未知分野に対する開拓精神を持つ方はぜひチャレンジしてください。(最新の入試情報は本学のホームページないし,募集要項等でご確認願います)



在学生のメッセージ


松田 奈々 (平成25年度 化学コース3年)

私は化学科に入って、化学の奥深さ、面白さというものを感じています。高校のときは化学反応や物質の性質など、教科書を通してほとんど暗記でしたが、大学ではより専門的に化学を学べ、自分で考えて答えを導き出す力を養うことができます。金沢大学の化学科の特徴は、他の大学よりもさまざまな分野の化学実験がたくさんできることです。物質に何が含まれているのかを分析したり、試行錯誤し、目的物を合成したり、最近話題となっている放射性物質を使って実験をしたり…。失敗することもありますが、"なぜだろう?"と思い正解への道筋を考えて、うまく実験ができるととてもやりがいを感じます。化学の難しさも楽しさも十分味わえ、きっと将来に役立つことを学ぶことができる学科だと思います。


佐々木 侑美 (平成25年度 応用化学コース3年)

私は高校のころから化学が好きで、大学でも化学を学びたいと思いこの学類を選びました。高校までとは違い、大学は講義の内容が深く、また実験を通して理解を深めることができます。実験では、化学反応により新たな物質ができたり物性が変化したりするところを目で見ることができるので、私にとっては驚きや発見がいっぱいです。化学といってもさまざまな分野がありますが、初めはとっつきにくかったも分野も、講義を受けていく中で少しずつ興味が生まれ、今もさまざまな分野の講義を積極的に受講しています。


卒業生のメッセージ


島田 昌英 (平成23年度卒 化学コース)

化学コースで専門の講義を聴き、実験を経験するにつれて、化学という学問はなんて複雑で難しいのだろうと、私は思いました。高校時代で学ぶ化学は実はほんの触り程度でしかなく、特に実験のときにはままならないこともたくさんありました。化合物が溶けない、合成できないといった不思議は日常茶飯事でした。しかし、「何故だろう?」と疑問を持ち、講義で学んだ知識を使って実験を改善すれば、その不思議に思ったことをさらに追求することができます。私にとって化学コースは、白黒の言葉だった化学をより身近に、そして色や匂いつきでより鮮明に知ることができた場でした。


網谷 俊樹 (平成24年度卒 応用化学コース)

2000年に入ってから、日本人のノーベル化学賞受賞者が多く輩出されるようになりました。その内容はまさに私が研究している有機合成の分野になります。私が卒業研究で扱ったテーマは、薬理活性化合物に関する効率的な合成ルートの確立ですが、実験をする中で、時には失敗もあり時には予想もしなかった成功があり、毎日が新しい発見で溢れていました。また、実験で行き詰まった時には、先生方や先輩から、アドバイスと支えをいただきながら、楽しく化学を学ぶことができました。感動と好奇心こそが化学の原点だと思います。

ページのトップへ